美白化粧品

美白化粧品の選び方

美白化粧品を選ぶときに、気をつけて欲しいのが「配合されている成分」。

 

美白成分と一口に言っても、
・メラニンの生成を抑制
・紫外線によるダメージを抑制
・メラニンの排出を促進
など、その成分によって働き方が違います。

 

シミの予防やエイジング対策のためには、メラニンや紫外線によるダメージを抑制するタイプの美白成分が有効です。

 

また、今できているシミに関しては、シミの色素を排出するための成分が重要となります。

シミと保湿の深い関係

シミは、お肌の防御反応。
紫外線によるダメージからお肌を守るために黒くなってお肌をガードするためにできたものです。

 

本来ならば、自然な新陳代謝ではがれ落ちるはずのメラニン色素が残ってしまったモノがシミとなって目に見えるようになってしまったのです。

 

お肌が乾燥した状態ですと、紫外線のダメージも受けやすくなり、シミもできやすくなります。

 

またお肌の乾燥は、新しい肌細胞が生まれにくくなり、新陳代謝も停滞。シミが残りやすくなってしまいます。

 

その上、乾燥肌はくすみも目立つようになり、実年齢以上の肌年齢となってしまいます。

 

お肌の保湿をしっかりと行うことで、シミ予防・シミ消し・くすみ改善につながっていきます。

 

 

美白化粧品を選ぶときには、シミのための成分だけでなく、保湿成分も十分配合された化粧品を選ぶことが、シミのケアの近道です。