ルシノール

ルシノール

ルシノールはPOLA(ポーラ)が10年の年月をかけて開発した美白成分です。

 

気が遠くなるような有効物質の中から発見されたルシノール。
シベリアのモミの木に含まれる成分を、ポーラが莫大な研究費用と年月をかけて
今までとは違った考え方の有効成分に仕上げました。

 

最強の「メラニンロック機能」

シミの元になるのはメラニン。
メラニンは、”チロシン”という物質と”チロシナーゼ”という酵素が
合体すると出来上がるメカニズムになっています。

 

 

この2つの物質はまるでカギ穴と鍵のような関係。
そこでポーラは酵素チロシナーゼの鍵穴にピッタリ入る
もう一つの鍵『ルシノール』を開発。

 

 

ルシノールはあまりにもアッサリとチロシナーゼの鍵穴にスポっと入ってしまうので、チロシンの出る幕はありません。

 

 

だからチロシナーゼとチロシンは合体できない。
だからシミができない。
だからルシノールは最強のメラニンロック機能と呼ばれているのです。

圧倒的な美白力

酵素チロシナーゼの働きを抑えこむ美白成分は他にもたくさんあります。

  • アルブチン
  • エラグ酸
  • コウジ酸
  • ビタミンC誘導体
  • トラネキサム酸
 など

 

 

肌にどれだけ浸透していくか、まったく異なる美白メカニズムなども
ありますので単純に比較はできできません。

 

が、上記の美白成分とルシノールのチロシナーゼを抑えこむ力の比較を
した結果が出ています。

 

たとえば「コウジ酸」

コウジ酸のおよそ5倍のチロシナーゼ阻害活性効果がルシノールにはある

 

たとえば「アルブチン」

アルブチンのおよそ400倍のチロシナーゼ阻害活性効果がルシノールにはある

 

 

 

 

また、ルシノールは安全性についても評価されている確かな美白成分です。