ハイドロキノン

【美白成分】ハイドロキノン

ハイドロキノンはニキビ跡、シミ、色素沈着に効果がある美白成分です。
美白効果はアルブチンやコウジ酸のおよそ数十倍〜100倍。
「漂白剤」と言われるほどのパワフルな成分です。

 

アメリカでは日本の厚生労働省にあたるFDAが、
”色素生成を抑える唯一の成分”と認め、広く浸透しています。
しかし日本ではまだ国に認められてはいない成分です。

 

ただ、2001年に規制緩和があり、
メーカー責任で活用することが出来るようになりました。

 

それでもまだ、他の成分に比べるとそんなに流通していませんね(^_^;)

 

 

ハイドロキノンがイマイチ国内で浸透してないワケ

ハイドロキノンがビタミンCほど流通しない訳が二つあります。

 

  • ハイドロキノンは安定性が悪く、酸化すると肌に刺激がある。
  • 配合禁止成分「ハイドロキノンモノベンジルエーテル」と混同されていた期間が長かった。

「ハイドロキノンモノベンジルエーテル」って?
マイケル・ジャクソンが使っていたと言われる成分が、この「ハイドロキノンモノベンジルエーテル」という成分です。

 

 

化粧品に配合されるハイドロキノンと構造は似ていますが、まったく別の成分。
メラニン色素の活性を強力に抑えてくれるのですが、毒性がとても強いのです。

 

もしこの成分を長期間に渡って使用した場合には、白斑(はくはん=白いはん点)が出てしまう恐れがあります。

 

しかし美白効果は非常に高いので、この成分をマネていろんな美白成分が開発されました。その一つがアルブチンです。

 

 

以上の理由で、ハイドロキノンは化粧品メーカーに敬遠されてきました。
しかし最近では、安定性などの問題をクリアし、いろんなメーカーからハイドロキノン配合の化粧品が販売され始めています。

 

 

ハイドロキノンが効果を発揮する「シミ」

ハイドロキノンは、真皮層に存在する”深いシミ”
例えば「太田母斑(おおたぼはん)」には効果がありません。

太田母斑って?
頬や目の周りに、出生直後などから出現している灰青色〜褐色がかったシミ。このシミにはレーザー治療が有効です。

 

 

ハイドロキノンが有効に働くのは、

 

老人性色素斑
顔・手の甲・腕など、紫外線を浴びる部分に出るシミです。

 

肝斑(かんぱん)
女性ホルモンのバランスの崩れが原因と考えられています。
頬・額・目の周りなどに左右対称にシミが現れます。
レーザー治療を行うと、治らないばかりか悪化します。

 

雀卵斑(じゃくらんはん)
鼻や頬に見られる「ソバカス」のことです。
紫外線を浴びると、数が増えたり色が濃くなったりします。

 

炎症後色素沈着
「ニキビ跡の色素沈着」・「レーザー治療後の色素沈着」・「アトピー性皮膚炎の色素沈着」など

 

 

ハイドロキノンの副作用と注意点

人によってはかぶれや赤みなどの刺激が起こります。

 

安定性が悪い成分なので、劣化しているものや純度が低い原料を使用している製品を使った場合、副作用が起きやすくなります。

 

また、濃度が高いハイドロキノンを長期間使用し、紫外線を浴びた場合には
色素沈着が起こることもあります。

 

 

つまり、個人輸入によるハイドロキノンの使用はかなりの注意が必要。
あなたの肌に取り返しのつかないダメージを与える可能性がある、ということも可能性としてある、と覚えておいてくださいね。