ビタミンC誘導体

【美白成分】ビタミンC誘導体

ビタミンCは、

  • メラニン色素の合成を抑え、できてしまったメラニン色素を薄くする
  • 皮脂分泌を抑制する
  • 活性酸素の除去
  • ニキビの色素沈着をブロック 
  • コラーゲン生成を助ける
  • 肌の新陳代謝を上げる
 など

美肌になるには欠かせない成分です。

 

しかし、ビタミンCそのものは分子が大きい。
ですから、バリア機能を壊さない限り肌深部に浸透していくことはできません。
また、不安定な成分なので化粧品に配合してもすぐに酸化してしまいます。

 

おまけに濃度が高いと肌がヒリヒリするなど、
肌トラブルの原因になってしまう研究者泣かせの成分だったのです。

 

それを解決しようとして開発されたのが、「ビタミンC誘導体」。

 

ビタミンCの弱点をほぼクリアして、
大きな美肌効果をもたらしてくれます。

 

 

厚生労働省も認めた「ビタミンC誘導体」

化粧品の成分表の中に、

 

  • 「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル」
  • 「リン酸アスコルビルマグネシウム」
  • 「リン酸アスコルビルナトリウム」

 

こういう表記があれば、その化粧品にはビタミンC誘導体が配合されています。

 

 

ビタミンC誘導体は更に、以下のように分類されます。

 

水溶性ビタミンC誘導体(リン酸アスコルビルマグネシウム、リン酸アスコルビルナトリウムなど)

メリット
・即効性がある
・肌をなめらかにする働きがある
・皮脂分泌のコントロールができる
・色素沈着の改善を促す
デメリット
・敏感肌な場合は刺激を覚えることがある
・皮脂分泌を抑える作用が働くために、乾燥しやすくなることがある

 

脂溶性ビタミンC誘導体(パルミチン酸アスコルビル、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルなど)

メリット
・角質層や皮脂膜への吸収率が高い
・高濃度でも刺激が少ない
・水溶性ビタミンCと比較すると、効果の持続時間が長い
・保湿力がある
デメリット
水溶性ビタミンC誘導体に比べると、即効性に劣る

 

進化型ビタミンC誘導体(APPS)

メリット
・真皮層への浸透力が高い(水溶性ビタミンC誘導体の100倍)
・即効性がある
・長期間使用することによって、肌のハリやしわの改善が見られる
・乾燥や刺激が少ない
・コラーゲンの生成を促す
・保湿力を高めて、なおかつ皮脂分泌を抑える(乾燥が原因の大人ニキビの改善)
・活性酸素の除去

進化型ビタミンC誘導体(APPS)は、脂溶性ビタミンC誘導体と水溶性ビタミンC誘導体のイイトコどりを実現。

 

 

これらが、ビタミンCを肌に作用させるために作られた
ビタミンC誘導体の効果です。
この成分は厚生労働省に認可されています。

 

 

「種類」がカギ

ビタミンCは肌だけでなく、体内でも必要不可欠な栄養素です。
ですからサプリメントで摂っている人も多いのですが、
体内では「カラダが必要とする」部分から吸収されていきます(^_^;)

 

つまり肌は後回し。

 

ただ、ビタミンCは体内で合成できませんので食事やサプリから摂ることも
続けていきましょう。

 

 

もちろんシミ、くすみ、ニキビ跡などの改善を早めるには、
肌に直接、吸収させられるビタミンC誘導体入りの化粧品の使用が必要不可欠です。

 

 

また、先にお話したように、ビタミンC誘導体の種類によっては
肌に刺激を与えるものがありますから、あなたの肌状態を見極めて
化粧品を選ぶようにしましょう。